登録はこちら

トップページ > 転職ノウハウ > 助産師の仕事

助産師の仕事

助産師とは

    【国際助産師連盟の定義】
  • その国で定められた教育過程を修了し免許を得ていること
  • 妊娠・出産・産じょくの各期を通じてケアを行い、出産を円滑に進めること
  • パートナーシップをもって予防的対応や正常出産をより生理的な状態に推進する活動を行うこと
  • 家族および地域に対しても女性の健康や性と生殖などの相談と産前教育などに重要な役割をもつこと
  • 家庭、地域(助産所を含む)、病院、診療所、ヘルスユニットとさまざまな場で実践することができること

助産師の仕事とは

妊産婦などへの指導・援助、妊娠初期から出産まで継続した援助、
出産後の育児指導・家族指導を行うのが主な仕事内容となります。
母親学級の援助、自宅出産の援助、病院での陣痛ケア、助産所での母乳育児ケアなどです。

育児に悩む母親への援助や、不妊治療を行っている夫婦、10代の妊娠・中絶や思春期の性の相談など、
性や生殖をめぐることについてその内容はさまざまです。

出産時以外に病院・診療所、助産所、保健所などで地域住民への保健指導などを行うなど、
その活躍の場は広がりつつあります。また、女性のサポートだけでなく、
家族及び地域社会の中で健康カウンセリングや教育にも携わっています。

生命の誕生に深く携わるやりがいの大きい職種ですが、分娩介助には強い精神力と体力、
そして助産師としての使命感が必要で、さらに医療に関する高度な知識と技術が要求される仕事でもあります。

助産師の仕事内容

  • 助産所での母乳育児ケア
  • 10代の妊娠・中絶や思春期の性の相談
  • 母親学級の援助
  • 性や生殖をめぐることについての相談
  • 地域住民への保健指導など
  • 健康カウンセリングや教育
  • 妊産婦などへの指導・援助
  • 妊娠初期から出産まで継続した援助
  • 出産後の育児指導・家族指導
  • 育児に悩む母親への援助不妊治療を行っている夫婦
  • 自宅出産の援助
  • 病院での陣痛ケア

助産師になるためには

看護師資格取得後、助産師学校等の助産師養成校で最低6ヶ月以上の教育を受け、
助産師国家試験に合格することが必要となります。

現在は、4年制大学に助産師コースを設置する大学が増加したり助産大学院も開設されたりしており、
短期大学の助産専攻科や助産師学校は減少傾向にあります。

助産師試験の受験資格看護師国家試験に合格した者、保健師助産師看護師法 第21条各号の
いずれかに該当する者又は同法第53条第1項に規定する者であって、かつ、次のいずれかに該当するもの
文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣の指定した学校
(以下「指定学校」という。)において6月以上助産に関 する学科を修めた者。