登録はこちら

トップページ > 転職ノウハウ > 保険師の仕事

保険師の仕事

保険師とは

看護大学や保健師養成校にて所定の教育を受けた後に国家試験に合格して得られる国家資格で、
厚生大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者をさします。
保健師助産師看護師法という法律により、「保健指導に従事する者」と定められています。

保健師の仕事とは

【保健師の活動とは国民の健康を保つためのこと】
 ★各種健康診断
 ★予防注射
 ★妊婦の相談
 ★育児の指導
 ★地域住民の健康管理や保健指導

保健師になるためには

保助看法第19条において、保健師国家試験の受験資格として「看護師国家試験の合格者 」があげられており、
基礎資格として看護師免許を所持していることが前提となります。

ただし、看護系大学や統合カリキュラム校においては、保健師と看護師の養成課程を
平行して行っているため、卒業にともない、保健師国家試験受験資格、看護師国家試験受験資格が与えられ、
看護師免許を所有していなくても、保健師国家試験を受験する ことができます。

 【保健師の養成過程を受けられる機関】
  *看護系大学
  *統合カリキュラム校等