登録はこちら

トップページ > 転職ノウハウ > ケアマネジャーの仕事

ケアマネジャーの仕事

ケアマネジャーとは

平成9年4月から始まった「介護保険制度」において、要支援または要介護と認定された人が、
適切な介護サービスを受けられるように、介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことをさします。

ケアマネジャー仕事内容とは

ケアマネジャーの仕事内容は、介護を要する方の状況や、家族がどんな問題に困っているかを理解し、
計画を立て、必要なサービスを受けられるように、サービス事業者との連絡調整をすることです。

ケアプランの作成だけでなく、ケアプランの給付管理までを カバーしたな業務となります。
要介護者のためのさまざまなサービスを考えて、介護さ れる側である要介護者や要支援者、
そしてその家族と介護サービス業者との間をつなぐ 重要な役割を担っているのです。

その活躍の場は下記のように様々に広がっています。
 ■福祉事務所、老人訪問介護ステーションなどの公的機関
 ■有料老人ホームなどの入所 施設など民間の福祉機関
 ■特別養護老人ホーム、介護老人施設などの介護保険施設

そのほかNPO団体や生協、シルバーサービス企業またケアマネジャーとしての実務経験を積み、
居宅介護事業所として独立する人も増えています。

ケアマネジャーになるためには

正式名称「介護支援専門員」という資格を取り 試験合格後、実務研修を受講しなければなりません。
研修内容は要介護認定や訪問調査、 居宅サービス計画などの作成となっています。

受験資格として、5年以上、実際に介護施設で働いたり、
看護師などとして医療に携わった実務経験が必要となります。
看護師・保健師などの職業の経験を得てから資格を取る方、
もしくはヘルパーや介護士としての経験を積んでから資格試験を受ける方が多くいます。